まもりごと 前編

法律には「してはいけない」という表現がでてこない。「何々をしたらこういう刑罰」という書き方。
外から規制する。それに対して仏教には戒というものがある。「してはいけない」という書き方をしている。内から規制するもののように思う。
その中でも五戒(ごかい)とは、在家の仏教徒として守るべき基本的な五つの戒のこと。
このことについてある方と話す機会があった。

1.不殺生戒(ふせっしょうかい)  
生き物を殺してはいけない。

2.不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
他人のものを盗んではいけない。

3.不邪淫戒(ふじゃいんかい)
自分の妻(または夫)以外と交わってはいけない。

4.不妄語戒(ふもうごかい)
うそをついてはいけない。

5.不飲酒戒(ふおんじゅかい)
酒を飲んではいけない。

ある人が「1から5まで何個か出来ているのはあります。不邪淫戒についてはノーコメントでお願いします」と言った。まあ、デリケートな問題だけにこちらもなんともいい難いのだが…

俺「行動だけでなく心で思うのも駄目なんですよ。あの人のものが欲しいなとか酒飲みたいなーとか…」
ある人「ああ、それなら全滅ですwwwでもお坊さんってのはこういうのを守ってるんでしょ?」

守れるわけないじゃありませんか。とも言い難いし、守ろうにも守れないものを抱えながら生きているんですよ。とも言い難いし法然上人は
「結婚して念仏を喜べるのなら結婚したらいい…自分が念仏喜べる環境を作ることが大事」と言ってくださってる。というのも法然上人を盾にしているだけだし、
五戒を守れないことが往生の妨げにならないという教え。五戒を守りがたい末法の世にありながらも救われていく阿弥陀様の教え。なんか俺が言うと言葉が軽い。

俺「すんません。聖者になんてなれないんです」

ある人「そういえば坊さんは本来酒を飲まないんですよね?」

5.不飲酒戒(ふおんじゅかい)
酒を飲んではいけない
これだけは…心がけ次第のような気もするが…一説によると不飲酒戒には「酒を乱れる程に飲むな」という解釈もあるらしい。でも、これをいうとこじつけみたいで胡散臭いわ。

「そうですね。般若湯(はんにゃとう)なら飲みますが」

わー。情けない。一番ダメな答えやん。
般若湯というのは御存じの通り、葛根湯の一種で…すいません。嘘
般若湯とはお酒を飲みたい昔昔の坊さんが戒を破らずにお酒を飲む為に
般若(一般には智慧といわれ、仏教におけるいろいろの修行の結果として得られたさとりの智慧をいう)湯(お湯)となずけて日本酒を飲んだのだ。まあ世間体の問題だけで戒律破ってるんだけど。

智慧のお湯か。うまいこというな。

ある人「そうか、そうかお斎の時などお酒飲みますもんね」
俺「ああ、般若湯ですね(般若湯知ってやがるな)」
ある人「冷はなんていうんですか?」
俺「はんにゃ、はんにゃ、功徳水です」
ある人「どんな功徳があるんですか?」
俺「会話をスムーズにさせる効果です。潤滑油みたいなもんです」
ある人「それなら水と油じゃないですか」

おあとがよろしいようで…


※この話の青い部分はフィクションです。

つづく




b0117837_1542563.jpg

by bongu04200420 | 2008-02-24 14:55

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31