知らない顔を知った時

人間ってサイコロみたいなもんで1から6までの顔を持っていると思う。
その全てを知っているのは仏さん位かな。

「あの人いいよね」「羨ましい」と言われる人に限って苦しみも多く抱えているものだ。

裕福で気丈で温厚で多くの人々から信頼されているあるおばあちゃんの話。

もう7年近くお参りに行っている。後ろに座って一緒にお勤めをする。阿弥陀経にいたっては気を抜いたら抜かされそうなほどのスピード。速いからいいと言ってるんではない。それほど口についているということ。

そのおばあちゃんが初めて語ってくれたこと。

「実は生きている中で辛い時もあってね。『なんで私がこういうめにあうの』と畳がグチョグチョになるまで仏壇の前でおお泣きしたこともあったよ」

意外だった。人にそういうところを見せないだけだったのだ。
1の目だけを知って「あの人は強いから人前で涙をみせんよ」と評価をくだすってことは本当に恐ろしいことだ。
by bongu04200420 | 2010-11-22 08:48

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31