ねるねるねるね



今日、門徒さんと話をしていて
「最近孫が我がまま過ぎて困る」と言う話題になった。
2歳になるお孫さんに自我が目覚めたらしい。
思いどおりにならないと「イヤ」とか「アッチ行って」と駄々をこねるそうだ。

人間生まれてから死ぬまできっと「ダダをこねて」生きていくのだ。

なんかねるねるねるねみたいだな。
名誉や世間体や地位や財産や相手に合わせる術が増えるだけで棒の部分は変わってない。
いろいろコーティングしても最後は時の流れに喰われる。残るのは棒だけ。
棒の正体は「我執(自己中心的な考えしかできないこと)」
人の為に少しでも努力しよう!とかあの人よりは社会性がある。といったレベルの話ではない。
もっとディープな部分での話。

こうなってくると人間が煩悩を抱えているのではなく、煩悩の正体が人間なのではなかろうか?
by bongu04200420 | 2009-01-07 22:07

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30