蟹様

 永照寺には数々の謎がある。その一つ目は夜中、玄関の前の砂利に一定間隔をおいて大きく深い足跡がついているのだ。最初は猫かと思ったが現在のところ狸ということで落ち着いている。カピパラやキリンという可能性が完全に消えたわけではない。
もう一つは、永代経の時、石の庭に蟹が出た。
「副住職さん、蟹を買ってるんですか?」と問われたが、飼っているはずもない。(ズワイガニや毛蟹ならまだしも…)一体何蟹で、どこから来たんだろう?謎である。

 雨が降ったためエメラルド色の石が、しっとりと濃い緑色に濡れている隙間から赤い蟹がちょろちょろしている様子はいいコントラストをだしてなかなか風流だった。

蟹は横歩きしか出来ない。人間は酔っ払い以外は縦横自由に歩ける。

 しかし、自分の抱える欲が邪魔して自分の抱える怒りが邪魔して
物事をまっすぐ見ることも、自分自身をまっすぐ見ることもできない。
すべて自分のフィルターを通してしか物事を判断できない。
そんな日暮しかおくれない自分が本当にまっすぐ歩けているのかと不安になる。
案外、蟹の方がまっすぐだったりして・・・


僕が歩いたあとは曲がりくねった迷路
まっすぐ歩かないからまっすぐ歩けないから
僕が歩いたあとは曲がりくねった迷路


(2006年8月『永照寺だより』より)
by bongu04200420 | 2007-12-28 19:48

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31