栄養素

「バランス良く栄養をとりましょう」などという言葉をよく見るが、栄養って目に見えないし、どの食品にどの位どんな栄養素がはいっているのか記憶しているわけでもないから、とれているのかとれていないのかわからない。ただ、とれていない場合なんらかの形で心や身体に影響を与えてくる。

食べることばかりに目をむけがちだが、言葉も栄養だと思う。
優しい言葉、苦い言葉、甘い言葉、臭い言葉、いろいろ身体にとりいれる。

その人を見れば、どのようなことばで育ってきたか分かる場合もある。

「ちゃんとせえ」
「こら」
「勉強しろ。金くれ」

を食べ続けた子供たちは、悲しい目をしてる。

なにかに載っていた記事。

ことばがけ

アメリカでは乳児に必ず3種類の言葉がけをする。
ありがとう。どうぞ。すいません。
子供に乳を飲ませる時は「またせてすいません」乳をだして「どうぞ飲んでください」
最後に「飲んでくれてありがとう」


なんだか優しい。

帰ってきた亭主に
「待ってたよ」「あんたが好きだから、これ作ったよ」

病気のおばあちゃんに
「病気にまで好かれておばあちゃんも大変ね。はやく元気になってね」

道に迷っている外国人に
「I'm a stranger here」

おいおい、おまえも知らんのかい!

甘い吐息はだせずとも、優しいことばを出していきましょう。それは誰かの栄養になるから。
by bongu04200420 | 2015-05-11 12:32

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31