笑いは殺気を殺す

殺生をしてはいけない。

これは皆がわかっている道理である。
今日も初盆の法縁で、法話の間中 飛びまわるハエを殺そうと親戚のおばちゃんが蠅たたきを右手にハエを追いまわしている。
うまいこと私の禿頭に止まって、叩いてくれると

「わしゃ木魚か」と突っ込めるので、面白かったんだが…

せめて法事の間は、殺生はやめていただきたい。そうこれは「せめて」ということで。

しかし、おばさんの蠅たたきをののしっていられないのがわが身。
先日、米の中にコクゾウムシがいるのを発見した。

b0117837_17312621.jpg


はよ退治しよ。はよ退治しよ。とムンムン殺気に満ちていたところ

息子がひとこと

「カブトムシの赤ちゃんがおる」

と言った。その言い方が面白く、笑ってしまった。

あれ、殺気がなくなっている。

息子よ。おまえはおとうちゃんを殺生罪から救ってくれたんやね。
ありがたや、ありがたや。

そう言いながら玄米はきれいな白米へと姿を変えた。大量のコクゾウムシはどこへ?
米太郎のみぞ知る。

b0117837_1732424.jpg

by bongu04200420 | 2014-08-09 17:36

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31