年収十万のフリーライター

文章にもサイズがある。サイズと言っても文章の長さということではない。伝えることの大きさ、伝える事柄の大きさということだ。
時間の無い時は小さい事柄を選ぶべきだ。大きなテーマは時間を要する。
そんな基本を完全に忘れ、階段を踏み外すことがある。

ある所に提出する文章、かなりの考察を重ねなければならないサイズの文章にも関わらず、粗い内容で提出してしまった。校正が入りまくるし「自分が何を伝えたいのか」もわからなくなる始末。
結局、その文章は大きな手術が施され、原型をとどめない形になってしまった。

そんなもので、お金を頂いた。

返そうとも思ったが、無意識のうちに受け取っていた(笑)

少し高級な居酒屋で、お腹一杯、食べて飲める位の金額。

受け取ったはいいものの、何ともいえない恥ずかしさがこみあげてくる。

お金を頂くということは、責任がある。無料の物とは違う何かを残す義務がある。
文章にしろ、サービスにしろ、商品にしろ。

怠惰な文章を書きそうになった時、このお金を見て「あの恥ずかしさ」を思い出そう。
いっそのこと額縁に飾っておこうか。

そう思っていたにも関わらず・・・

数日後、その悔しさの象徴(お金)はビールと焼酎に変わっていた。

喜びも 悔しさも 三日坊主なり
by bongu04200420 | 2013-09-15 14:24

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31