ピザにハバネロ

ある時、ピザをとった。たまたま繁忙タイムだったようで

「申し訳ありませんが、只今50分程お時間がかかります」

空腹の小一時間というのは、少々考えたが、別のお店にした所で、たいして変わらんだろうと思い注文した。

ドラエモンの1時間スペシャルが終わってもまだ来ない。

「お父さんおなか減った」

子供の「ひもじいよ~」の叫びは親にとって針で腰の当たりを突かれているような苦痛を伴う。

1時間10分を超え、電話をしたら

「もう配達にでかけています」との返答。

どこのローソンで道草しとんじゃ。怒りがこみあげてくるものの、そこは平常心。

1時間40分を超えた頃、やっとチャイムが鳴った。

よれよれの若者がピザを片手にやってきた。

イライラした状態での応対。

お釈迦さまは仰った。

1、水の上に書いた文字はかいたそばから消える

2、砂の上に書いた文字はしばらく残るが、まもなく消える

3、岩に刻んだ文字は、ずっと消えずに残る


T O T O  TOTO便器。これくらいのこと水に流そうではないか。

怒りを書き消し、「今日は忙しいんですね」と言うと

「みんな待ってますからね」と言った。

はあ?皆を待たせとるからおまえが待つのも当然ってことか。遅れた時は、まず「すいません」だろうが、己の理由、事情など知らんわい。怒りがタバスコのように込み上げてくる。
本当、空腹は人間を容易に変貌さす。

店に文句いおうか、こいつに文句いおうか。

と、次の瞬間、お盆参りのことを思い出した。

多くのお参りの為、時間調整できず、約束の時間より遅れた時も「忙しいのに有難うございます」と言ってくださる御門徒さん達。

この忙しい中、配達してくれた少年に文句を言うのは簡単だ。ここで ここで 御礼を言ってこそ…

「忙しい中、ありがとうございました」

おおお、俺よく頑張った(笑)

二山(怒)越えてのありがとう!でました。パチパチパチ。

「これ次回使ってください」 300円券をくれた。

怖い時ほど頭から突っ込もう。怒りの時ほど笑顔を作ろう。
ピザとサラダを食卓に並べた時、あることに気付いた。

コーラ忘れとるやないかぁぁぁぁ!!!!!!!!!!

ハバネロのような怒りが込み上げてきた。

この日2つのことを学んだ。

1、一度ついた怒りの炎は消えたように見えてもちょっとしたきっかけで再燃すること
2、ミスをした時、いい訳はいらない。「すいません。ごめんなさい」以外の言葉は必要ないということ

日々学びが溢れている。怒りや貪りと共に。
by bongu04200420 | 2013-08-06 09:48

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30