至極の瞬間

先日は海の見える会場でお斎を頂いた。
小雨の中 レインコートを着て釣りをしている人がいた。
海岸から竿を垂らしている。時々ヒットがあるようだが、ほとんどが小さな魚で、海にリリースしていた。

リリース、リリース、小魚。
リリース、リリース小魚。という釣り人からしたらあまり嬉しくないリズムを刻んでいた。

昨日はお店が混雑していて、同じものが2度登場したり、新人が違うものを持ってきたりと、接客に不穏な空気が漂っていた。参列者の多くはそのことに気付いていたが、事件は、お味噌汁を配膳している時におこった。

足がふらついた店員が「キャー」と言いながら数人分の味噌汁を畳みにこぼしたのだ。

近くにいたバアサマに熱い味噌シブキが飛んだ。

その瞬間、釣り人リリースさんの竿が宙を舞った。

物凄く大きな魚の姿がそこにはあった。リリースさんはガッツポーズをしている。

味噌汁をこぼすのが先か?リリースさんの竿に魚がくらいついたのが先か?
わからないが、隣にいた御婦人とこの奇跡の瞬間を見て爆笑した。

魚の「しまった!」の叫びを聴いた店員が味噌汁をこぼしたのか?
味噌汁をこぼしたから隙が出来き、リリースさん如きに釣られてしまったのか?

こういうことの連鎖により地球は回っているのだ。きっと。
by bongu04200420 | 2013-06-03 13:48

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31