迷ル

聞いた話だからなんとも言い難いが、最近の高校生は大変らしい。【一部の高校生ですよ~】

学校から帰って寝るまでずっとメールをせないけんらしい。些細な行動まで送りあわねばならないのだ。

最後の方はきっとこんなやりとりに違いない。

「今おならでたよ」
「どんな音?」
「たぶんハ調のレと思う」
「へ~」

「寝るよ」
「今日どんな夢見ると思う?」
「メールしてる夢みそう」
「本当、その夢見終わったらメールしてね」

どうにかして繋がりを確認したいのだろう。
ものすごく寂しいのかもしれない。

どっちがいいのかわからんけど住職つれづれ日記の中にこんな文章が載っていた。

『荘子』山水の一節

且つ君子の交わりは淡きこと水の若く、
小人の交わりは甘きこと醴(れい)の若し。
君子は淡くして以て親しみ、小人は甘くして以て絶つ。
彼の故無くして以て合う者は、則ち故無くして以て離る。

「物事をよくわきまえた人の交際は水のようにさらっとして淡々としているが、つまらぬ小人物の交際は、まるで甘酒のように甘くてベタべタした関係であり、一時的には濃密のように見えても、長続きせず、破綻を招きやすいものだ」


ベターっとした関係は執着を生みやすいってことなんかな?
ただメール依存の高校生の話を聞いて「喉が渇いて必死に塩水飲んでる」ような印象をうけたのであ-る。

おおお受信ボックスに1000件の未読メールが…さて今日1日はメールを打ち続けるか(笑)
by bongu04200420 | 2010-12-23 10:29

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30