激しい雨

北九州は激しい雨の影響により、浸水したり川が溢れたりと大変な状態。
お寺は高い所にあるので全くその影響をうけてない。

浸水して、とても住める状況ではない家がテレビにでていた。
家主は「家が水浸しで住める状態じゃない」という事をいっていたが、家がないっていうことは物凄く不安だろうなと思う。

旅は帰る家があるから楽しい。

家があることにより精神状態を保てるような気がする。

ほとんどの動物は巣を作る。自分の居場所を持つというのは生物の本能かもしれない。
法話で「最近はHOUSEはあるけどHOMEがない」という話を良く聞く。
HOUSEとは家、建物を意味する。 HOMEはそこに人が住んで生活していく家庭を意味する。
同じ「家」という言葉だがちょっと違う。

家出する少年や家に帰りたくないという会社員が、違うところに巣を作ろうとするのは本能からきてるのかも(笑)

何十年もそこにあった家が一夜にして崩壊してしまう。何十年も連れ添った相手を一夜にして失う。
無常の世界の中の出来事。悲しい世界に身を置いている。そのことに心と体が目覚めたとき、今の生がずっと輝いていたことに気づく。その時期その時期で、輝きの度合いは違うだろうが「輝く」と「輝かない」は違う。

お気づきの通り、また話の軸がブレブレなのだが、雨で軸が滑るんだから仕方ない。
by bongu04200420 | 2010-07-14 15:04

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30