文章は難しい。

6月中に本『凡愚抄』が出版されることになった。新たに書いた文章はなく、ホームページの毎月の法話を手直しした感じだ。2年前に書いた文章を読むと恥ずかしくなる。この本の出版を通して自分と向き合い、いろいろなことが見えてきたし、ものすごく勉強になった。

具体的なことは書けないんすけど…自分の中にしまっとくようなことっす。


それとは別にもうひとつの仕事があった。
b0117837_1585650.jpg


「よろこび」という冊子のお盆号だ。
こういう冊子の場合、自分を傷つけない為には、教科書通りのことを書くのが無難。最初はそういう路線でいこうと考えていた。しかし、そういうことは偉い先生に任せるべきだと思い始めた。前座は前座の仕事があるのだ(笑)場をあたためるのだ。その結果、まわりからはフザケテいるととられてもおかしくないような内容に仕上がってしまった(T_T)
【途中からはちゃんとしてるつもりだが】

わかって欲しいのは最初からのオフザケ野郎ではなく、真面目な男がベースにある画期的なオフザケなのだ。よく見ると色が違うのだ。なんのことやらよくわからんだろうが、ちゃんとしたものを1回作って、ぶち壊した後につくってあるオフザケなのだ。クダランように見えるものほど造るのが大変なのだ。

文章というものは難しい。

いろいろ考えて何度も何度も推敲を重ねた結果、最初より悪くなってしまうこともしばしばある。
最初はインスピレーションでスラスラ書いていたものを、脳で考えて「よろしい言葉」を入れることにより普通の文章に成り下がってしまうのだ。方向感覚を見失ってきた時におこる症状は、良くなっとるのか?悪くなっとるのか?わからん状況!そういうことを繰り返すと、今度は1つの単語が引っかかり始める。その言葉では駄目なんでないのかという不安に襲われる。

そういう過程をへて、最後ブログの文章を引用したりして…

こんだけ理屈を書くのには理由があります。正直、今回は微妙な出来でした。出版社の皆様申し訳ありません。
by bongu04200420 | 2010-05-31 15:39

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31