昨日、1年ぶりに実家に帰省途中の後輩に会った。法務の都合もあり、数時間喫茶店で話しただけだった。

司法書士事務所で働きながら司法書士を目指しているため、なかなか実家にも帰れない様子。

「村上さんの今年の漢字は『旧』だったそうですが、僕は『命』でした。親友が悪性リンパ腫になったり、他にもまわりの人々を通して命について考えた年でした」

そういえば、高校時代から仲のいい友人も自身のブログで命について真剣に考えたという記事を残していた。

そういえば「命」について一番向き合わねばならない仕事をさせてもらいながら命について麻痺している壱年だったよう思う。表面上さまざまな勉強をしてきたつもりだったが、命に関する知識が増えただけで、結局ひとごとの話で終わっていたようにも思う。

プレゼントに2冊の本をもらった。

自分では買わないような「命」にかんする本だった。

「来年は俺もなんらかの本をプレゼントするわ」と言って別れた。

1冊はフライデーにするとして…もう一冊彼にどんな本を渡せるのだろう?
by bongu04200420 | 2009-12-30 15:19

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30