言葉

大神信章師(義理の父)「平和への光」から

「死にそこなった」と人は言うけれど生きそこなったことには誰も気づかない。

見ぬフリをして生きるのもいい。遊んでごまかすもいい。
けれども必ずもどってくる。放り投げた私の人生はいつか老い果てた私に

上手に生きるすべを知りものを得る手段に長ずる者を知恵者という。
生きることそのものの目的を知り意味を知り故に空しからざるものを
智慧者という。

by bongu04200420 | 2009-06-15 21:11

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30