地獄は一定すみかぞかし

カニ、エビ、ロブスター、ザリガニなどの甲殻類にも、どうやら痛点があるみたいなんだ。

K大学で行われた実験によると、ヤドカリの腹部に一度小さな電気ショックを与えると、なにやら痛そうな感じで体が反応し、もう一度強い電気ショックを与えると、自らの殻を捨てて逃げ出していったのだ。また、電気ショックの加減を調節し、殻を被った状態でヤドカリを通電させると、ヤドカリは最終的に一番電気ショックの小さかった殻を選びそこに入っていったという。

このことからザリガニには痛みを感じ取る痛点があり、またその痛みを体で覚え、痛みから逃れようとする行動を起こすという結論が導き出されたというわけだ。

この研究に携わっK大学のB教授は、「いままで痛点がまったくないと思われてきたカニ・ロブスターなどが、生きたまま茹でられて調理されていたが、甲殻類も脊椎動物と同様の痛みを感じ取ることができるとわかれば、倫理的に生きたまま調理する方法に関して議論すべきだろう」と語っているのだそうだ。


痛いとか痛くないとかが問題なのかなぁ?とも思うが、熱いお湯の中に蟹をほおりなげるなんてまさに地獄の鬼のすることだ。蟹から見れば人間は鬼だろうな。蟹だけでないか。ほとんどの生き物から見て人間は鬼だろうな。鬼の考えるエコなんて所詮エゴの域をでることない。いい鬼もいるけど、所詮は鬼。腹が減ったら蟹くらい平気でゆでる。
ほんの少しだけ人間以外の命を尊重すると、己の鬼さ加減が見えてくる今日この頃である。
by bongu04200420 | 2009-04-26 13:46

読み流しブログの決定版 


by bongu04200420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31